• Mitsuo Haga

宗教改革500周年・秋聖書修養会

最終更新: 2018年2月22日

最終更新: 7時間前

ルーテル福音キリスト教会では毎年秋に「秋聖書修養会」と題し、LECCの各地法教会が集って宗教改革の祝福を思い巡らす集会を開催しています。今回は、ちょうど #宗教改革 から500周年ということで、「イエス・キリストの伝道-500年前のルター派の伝道-現代の伝道」というテーマで御言葉を瞑想しました。救いの道を伝えるために、イエスは羊飼いのいない羊に対する「心の底からのあわれみ」と「福音」が不可欠であることを示されました。ルター派も、当時のユダヤ人たちに対するあわれみをもって福音を宣べ伝え、また文書による伝道という新しい方法を取り入れました。私たちもイエスの示された真の伝道を #ルター派 として受け継いでいきましょう。




76回の閲覧

最新記事

すべて表示

聖書をとおして神様の言葉を探求しましょう

神とあなたの個人的なつながり 英会話クラスをとおして学んだことですが、英会話が上達する人にはどんな特徴があるでしょう。頭の回転のよさ、センスのよさなどとは関係がなく、クラスではよく聞き、よく話し、そして普段の生活でも、テレビで英語の番組を聞いたり、英語の歌を聞いて歌ったり、普段から英語で物事を考えたり、英語に触れる時間が多い人ほど、当然ながらその上達振りは目を見張るほどです。しかし、一週間に一度の

聖書は難しくて分からない?

「聖書を読んでもよくわからない」という感想をよく聞きます。無理もありません。ここで、聖書が分かりずらい理由と解決を6つ挙げてみます。 一つは、言語の違いです。聖書はもともと日本語で書かれた書物ではありません。ギリシア語、ヘブル語(一部アラム語)で書かれたもので、日本語の聖書はこれらの原語から翻訳されているものだからです。この言語の違いのギャップ解決は、神学者以外にはなかなか難しいですが、原語を学ぶ

​めぐみルーテル福音キリスト教会 〒310-0905 茨城県水戸市石川1-4022-3 ℡029-251-5204 email: hagalecc@hotmail.com